2009年10月06日

ファンベルト切れから始まったW210悲劇のトラブル

昨日はほとんど一日を費やしてW210修理をしていました。

ファンベルトが切れて自走不可能に・・・

無残なベルトと大破したアイドラプーリー

CIMG8102.JPG

残念な姿になっていますね。。。

さぁ!!気合を入れて作業開始!!

ベルトが切れてベアリングが壊れたウォーターポンプから作業しますかね・・・・
と、ここで午前11時でしたね

CIMG8099.JPG

なんだかエンジンが恥ずかしい感じですね・・・

ここで要注意ポイント!
ボルトが違う規格の物を使っているので、どこにどれが止まっていたかを記録しなければ!!

ボルトがわからなくなると焦ります・・・

ワタシはこうします。

CIMG8101.JPG

新品の部品のボルト取り付け穴に全て同じようにボルトを挿しておきます!
こうすれば忘れない(笑)

ちなみに外したブツは

CIMG8100.JPG

ベンツ激安修理もっと見る!!クリック



腐食すら感じる状態ですね。。。今回はついでにサーモスタットも交換しておいた。

ここら辺をついでに作業するのが後々の修理代を安くするポイントですね。


ここで11時40分くらいでしたね、確か。。。

ため息が出るほどにブルーな気持ちになるのは、これからです・・・・・

はい!


CIMG8103.JPG

修理後のウォーターポンプ達です。

次は

CIMG8105.JPG

さて問題です。

この写真で無くなっている部品は何でしょうか???



わかりますか???
















正解は、ベルトテンショナーです!
これもベルト切れた勢いでプーリー歪みです・・・
とことん運が悪い切れ方ですね・・・

CIMG8108.JPG

新品と並べてみました。

ここではまだ12時ですね。

これからがため息物だという事はまだワタシは気づいていない・・・。


今日の主役の登場です!!

CIMG8109.JPG

ベンツ激安修理もっと見る!!クリック



作業後の写真をご覧いただきましたね。

パワステポンプで~す!!

これ、マジでボルトが取れなかったです。。。

手の甲を血だらけにしてやっとの思いでネジを外しました。



しかし!!
恐怖はこれからでした。
あまりの恐怖に写真を撮るのを忘れました・・・

ベンツ修理は怖いです。

パワステポンプに刺さっているホースを止めているバンドがどうしても外せない!!

どんな特殊工具を使ってもダメ・・

「これ、無理かも・・・」とさえ思いました。

奮闘する事、バンドごときで1時間・・・取れた・・・。

CIMG8110.JPG

実はこれからが本当の地獄だったとは、完全に思ってもいませんでした。

取り付けをする際にボルトが入らない・・・

どれだけ調整しても入らない・・・

工具は落ちるは、ボルトは落ちるは、入んないはで、もうお手上げです。

もはや、写真撮影も忘れ、ボルト入れに熱中。

あっ!!!!入った。


そして作業が終了したのが午後5時・・・。

3時間ボルトとにらめっこ。

今、キーボードを叩いている右手は腫れています。

完成写真すら忘れてしまいました・・・。

たぶん、ディーラーの半額くらいで作業できたから良しとしよう!!


あっ、ちなみに大破したアイドラプーリーですが、この部品はマメに交換しないと、みなさんの車も、こうなりますよ!

注意が必要です。

と、いうことでお疲れ様でした!!

ベンツ激安修理もっと見る!!クリック

posted by ベンツ修理相談室長 at 11:32| Comment(0) | ベンツEクラスW210修理事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。