2009年10月06日

W210オートマショックの改善!!

W210オーナーの方であれば、あっ自分の車も同じだ!

と、共感してもらえるかもしれないですね。

シフトをPからR、PからDなど、動かした時のATショックに注目!

ドンっていうDに入ったショックがあると思いますが、この車はそのショックが、

「ドンドン」と2回あるのです。

この場合、ディスクジョイント(コンパニオンプレート)が劣化してます!

ディスクジョイントは、オートマとデフの間を繋いでいる棒(プロペラシャフト)の前後にあるゴムです。

ATがRになった時の回転をデフに伝える時に起きるショックを和らげ、デフを守っています。Dの時も一緒ですね。

このゴムがダメになるとショックが2段階になるのです。

前後のディスクジョイントを交換して、3万円!

貴方の車も同じことが起きていませんか?

交換しないとデフが壊れますよ・・・。

その場合の費用は・・・70万円・・・。

10044125974_s.jpg


ベンツ激安修理もっと見る!!クリック

posted by ベンツ修理相談室長 at 15:10| Comment(0) | ベンツEクラスW210修理事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。