2009年10月06日

W210ヒーター故障!冬なのに冷房全開・・・。

故障状況はヒーターが出なくて、常に冷房・・・。

原因は一発でわかりました。

ヒーターバルブです。ヒーターバルブとは、ヒーターを出すのに非常に重要な役割をしていて、車の構造上ヒーターはラジエターの冷却水を利用します。

クーラーの冷たい風を、100℃くらいまで上昇した冷却水の熱で温度を上げて、室内にヒーターとして排出しています。

その100℃くらいの水をクーラーの方に、ホースで送るのですが、そこでダムのように水を塞き止めている部品がヒーターバルブです。

このバルブが壊れると、ヒーターが出なくなる。もしくは、ヒーター全開で解除できなくなります。ようするにクーラーにしたくてもヒーターなのです。さいあく・・・。

部品は、25000円くらいですので、故障したらすぐに交換しましょう!!

バルブの前後のホースを触って、その温度でバルブが開いているか判断できます。

叩くと直ったりもする。。。


10044272059_s.jpg

ベンツ激安修理もっと見る!!クリック


posted by ベンツ修理相談室長 at 15:27| Comment(0) | ベンツEクラスW210修理事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。